2019年10月14日月曜日

令和元年(2019年)台風19号

情報が入り次第更新します.

災害対応本部設置について
「令和元年(2019年)台風19号災害対応本部」
(本部長:松原理事長) を設置しました。(10月17日)

日本地理学会台風19号緊急報告会
以下の日時・会場にて開催します.ふるってご参加ください.
(12月10日 追記)参加無料,事前登録は不要です.

日時:12月22日(日)09:00~12:00
会場:早稲田大学 早稲田キャンパス 3号館301教室
(〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1丁目6−1)
キャンパスマップ

プログラムおよび発表スライド
<一部の発表スライドを公開しました(2020年1月24日追記)>

2019年台風19号による宮城県丸森町の斜面崩壊の状況について:佐藤 浩(日本大)・宇根 寛
・福島県中通り地域(阿武隈川流域)における台風19号がもたらした産業被害:初澤敏生(福島大)
・台風19号による茨城県内における那珂川水系・久慈川水系の被害について:小荒井 衛(茨城大)
台風19号久慈川中流域洪水災害における伝統的治水工法と住民意識:長尾朋子(東京女学館)
(休憩)
・2019年台風19号による渡良瀬川流域永野川、思川の外水氾濫の特徴と教訓:須貝俊彦(東京大)・クンガメルゲン・宮本 樹・寺田龍矢(東京大・院)
2019年台風19号による越辺川・都幾川(荒川水系)の水害状況:青山雅史(群馬大)・田中 圭(日本地図センター)
2019年台風19号による千曲川流域の洪水被害:廣内大助(信州大)・小野映介(駒澤大)・山縣耕太郎(上越教育大)・中村祐希(信州大・学)
令和元年台風19号に伴う大雨による浸水推定段彩図について:研川英征(国土地理院)
・コメント・討論
①-1地形をどう見るか:海津正倫(名古屋大)
①-2地形をどう見るか:久保純子(早稲田大)
②防災行政と地理学:宇根 寛
③災害と土地政策:鈴木康弘(名古屋大)

要旨を含む詳細プログラム [PDF]


会員による情報提供

2019年9月29日日曜日

防災学術連携体シンポジウム 「激化する気象災害に備える」

防災推進国民大会(ぼうさいこくたい)2019にて開催されるシンポジウム「激化する気象災害に備える」において、日本地理学会より海津正倫会員の発表(水害ハザードマップを補う地形分類図)が予定されています.

日時:2019年10月19日(土)16:30~18:00
会場:名古屋市ささしまライブ24エリア・メインホールB
(〒453-0872 愛知県名古屋市中村区平池町4丁目60−12 グローバルゲート 名古屋コンベンションセンターエリア 3F)
主催:日本学術会議防災減災学術連携委員会、防災学術連携体
参加費:無料

詳細は以下のURLを参照ください.
https://janet-dr.com/060_event/20191019.html