2018年9月6日木曜日

平成30年北海道胆振東部地震

情報が入り次第更新します.

会員による調査報告
平成30年北海道胆振東部地震による 札幌市清田区の宅地地盤被害 [PDF]
 青山雅史会員(群馬大)
(2018年10月25日掲載)
平成30年北海道胆振東部地震による被災地の調査報告(9月8日調査) [PDF]
 小荒井衛会員(茨城大)ほか
(2018年9月14日掲載)
平成30年北海道胆振東部地震 札幌市域の被害速報 [PDF]
 西村智博会員(国際航業(株))
(2018年9月10日掲載)

会員による調査報告・情報提供(リンク)
・厚真町における斜面崩壊の概要,厚真町高丘地区の斜面崩壊の状況:石丸聡会員(北海道立総合研究機構・地質研究所) 
https://www.hro.or.jp/list/environmental/research/gsh/information/HIEE_Report006.pdf
https://www.hro.or.jp/list/environmental/research/gsh/information/HIEE_Report007.pdf
(2018年9月14日掲載)
・平成30年北海道胆振東部地震によって生じた地表変状の推定:西村智博会員(国際航業(株)) 
 http://www.kkc.co.jp/service/bousai/csr/disaster/201809_hokkaido/index.html
(2018年9月11日掲載)
・平成30年北海道胆振東部地震に関する緊急災害調査:渡邊達也会員(北見工業大)
 http://www.kitami-it.ac.jp/topics/30627/
(2018年9月11日掲載)

2018年7月8日日曜日

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)

2018年10月19日更新

緊急シンポジウム(公開)
2018年9月23日,日本地理学会2018年秋季学術大会第1会場(和歌山大学)において,緊急シンポジウム「西日本豪雨災害」を開催し,盛会に終了しました。講演の際のスライドの一部を公表いたします。
シンポジウムポスター[PDF]
(2018年9月4日掲載,10月17日修正)

2018年4月12日木曜日

平成30年4月大分県中津市耶馬溪町の土砂災害

関連記事のリンクを掲載しました.
情報が入り次第更新します.

会員からの情報提供(リンク)

2018年3月12日月曜日

日本地理学会公開シンポジウム「防災の基礎としての地形分類図」

防災の基礎としての地形分類図
主催: 日本地理学会災害対応委員会
日時: 2018年3月22日(木)13:00~16:00
会場: 東京学芸大学(日本地理学会第3会場)
〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
オーガナイザー: 久保純子(早稲田大)・平井幸弘(駒沢大)

 全国を対象とした地形分類図(国土調査の地形分類図、土地条件図、治水地形分類図など)はさまざまな機関により整備されている。これまでは専門家以外にはあまり知られていなかったが、現在では地理院地図等インターネットで閲覧できるようになり、多くの市民が利用可能な状態にある。本シンポジウムでは、作成機関、専門家、ユーザー等の立場から地形分類図の現状と活用例について議論する。

シンポジウムは盛会に終了しました。ご参加ありがとうございました。(2018年4月11日追記)

当シンポジウムの発表内容の詳細は,月刊地理2018年10月号「特集:地形分類図-防災への活用」(古今書院)にまとめられています。
 ⇒古今書院のサイトへのリンク
(2018年9月27日追記)